FC2ブログ

たとえ目標と夢が持っていでも、人生は虚しい。 一体何処から来て、何処へ行くの。 そう考えると泣きたくなるほど虚しいな。人生というものは。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2008*01*31 Thu
15:05

Hermessence

一點感想。



雲南桂花(Osmanthe Yunnan)

首先迎面而來的是新鮮的果香,混著一絲柑橘調的刺激,
很快地,揉合成軟軟的茶香。
然後,它消失了。
香水的感覺消失了,只有纏繞不去的氣味,忽遠忽近,
一點點的清甜,一點點的軟膩。
這是我目前最感到訝異的一款香水。
不像穿上了香,而是,融入了Osmanthe Yunnan裡頭。
彷彿是天生就帶著的味道,自自然然地,化為一體。


椒香絲路(Poivre Samarcande )

出門上班前匆匆噴上。存在感始終很強,揮不去的木質感。
木質調的香一向讓我頭暈,但它不會。
沉穩,鎮靜,又帶著一點慵懶與神秘,心神因它而安定。
又好像置身在四十年代的夜上海。
有個人,半躺半臥在棗紅色天鵝絨面的貴妃椅上望著你,
看不清面孔,只看見緞面的袍擺上,映著温柔的光暈。


玫瑰花道(Rose Ikebana)

青草,朝露,陽光,微風,還有盛開的薔薇。
就像是穿著舊鞋子站在花園中央,
沐浴在和煦春日的晨光中。
清晨的霧氣還沒散去,
濕潤的空氣中,薔薇開始舒展花瓣,
花香裡,又混著草地的香,還有一點點泥土味。
風輕輕吹著,低語著,春天來了。



スポンサーサイト
*
○2008/05/10○
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

暁(xiou)

Author:暁(xiou)
生物。
據説不管放在哪裡似乎都不太對。

BLOG以個人記事與碎碎念為主,
就連自己也不見得看得懂的碎碎念為輔。
突然出現創作小説是意外。

使用語言基本上就是中文與日文,第三語言也許十年後會出現。

--

どうも。暁と言います。
出身地:台湾。
日本語まだ下手ですがよろしく(ペコ)

栽。
インク君

旬の花時計


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。