FC2ブログ

たとえ目標と夢が持っていでも、人生は虚しい。 一体何処から来て、何処へ行くの。 そう考えると泣きたくなるほど虚しいな。人生というものは。

2007*03*30 Fri
16:15

APOLLO

作詞:ハルイチ
作曲:ak.homma
唄:ボルノグラフィティ


僕らの生まれてくるずっとずっと前にはもう
アポロ11号は月に行ったっていうのに

みんながチェック入れてる限定の君の腕時計はデジタル仕様
それって僕のよりはやく進むって本当かい?ただ壊れてる

空を覆う巨大な広告塔には
ビジンが意味ありげなビジョン
赤い赤い口紅でさぁ

僕らの生まれてくるずっとずっと前にはもう
アポロ11号は月に行ったっていうのに
僕らはこの街がまだジャングルだった頃から
変わらない愛のかたち探してる

大統領の名前なんてさ 覚えてなくてもね いいけれど
せめて自分の信じてた夢ぐらいはどうにか覚えていて

地下を巡る情報に振り回されるのは
ビジョンが曖昧なんデジョン
頭ん中ばぐっちゃってさぁ

僕らの生まれてくるもっともっと前にはもう
アポロ計画はスタートしていたんだろ?
本気で月に行こうって考えたんだろうね
何だが愛の理想みたいだね

このままのスピードで世界がまわったら
アポロ100号はどこまで行けるんだろう?
離ればなれになった悲しい恋人たちの
ラヴ・E・メール・フロム・ビーナスなんて素敵ね

僕らの生まれてくるずっとずっと前にはもう
アポロ11号は月に行ったっていうのに
僕らはこの街がまだジャングルだった頃から
変わらない愛のかたち探してる




--
生まれるずーとずっと前から
アポロ計画はすでにスタートしていたんだ。
本気で月に行こうっと考えて、
そして本当に月に行ったんだ。

…夢が欲しいよ。まだ夢を信じてみたいよ。
鼻歌をしながら心の奥の何処が語り続く。

自分じゃないの自分が。

スポンサーサイト
*

2007*03*27 Tue
12:12

彼氏

男友。墨仔的。
事情要從某天的中午説起。
某月某日,為了想撈玻璃杯的牛奶,
墨仔打破了據説很貴的牛奶杯。
下場是關禁閉十分鐘&禁足一天。

下午,門口傳來咪凹咪凹的聲音。
聽到的墨仔咻地跑向大門。
跟在墨仔後頭走,看到了一隻一面叫一面走進騎樓,
最後站在紗門門口叫不停的乳瑪林色貓。
沒記錯的話這隻好像是附近的老大…

見我走向紗門,乳瑪林老大轉身就走,
一面走一面回頭望墨仔。

曉:找你的?
墨:嗚…咪嗚…(低哼)
曉:不可以。你今天禁足。
墨:(低頭努力要扒開紗門)

隔日。
下午兩點墨仔睡飽吃飽,開門外出。
下午三點,後院傳來貓叫聲。叫個不停。
沒辦法,只好一探究竟。

透過紗門,看到乳瑪林站在屋頂上,叫不停。
見到我,他安靜了。對望十來秒,他走開了。
然後不到一分鐘換成墨仔悠然走在屋頂上。
伸懶腰,舔舔毛,走過來繞過去,一副悠哉樣。

……小鬼,你不是之前摔痛摔到怕嗎=____=a




--
給墨仔的話
--

1 從以前就這麼覺得了你果然是個受啊墨仔。
2 除非你叫他去洗澡,不然交往免談。

*

2007*03*22 Thu
00:49

 


分かり合うこと。
存在しておりませんよ。最初から。

例え在っても…

夢?妄想?
都合良すぎ?気のせい?

さぁ-
どっちと思ってるの。


*

2007*03*16 Fri
15:39

赤貧の真義

暁: 我看到ある者網誌上的敗家計劃我就一整個無力。
  ある者さんって真的缺錢嗎看起來一點也不像啊,這樣。

redrobin: 他沒自覺嘛。

暁: 儼然是

redrobin: 他在喊窮,是在喊錢不夠燒。我們在喊窮,是真的沒錢就得拿命燒。差很多的...

暁: 中肯!XDDD


*

2007*03*07 Wed
16:16

キーボードの住人

キーボードの上に、
あの方の指定席はF12の隣です。

jyuuninn


モニュウ君です。
これから又増えるかもね。


*
プロフィール

暁(xiou)

Author:暁(xiou)
生物。
據説不管放在哪裡似乎都不太對。

BLOG以個人記事與碎碎念為主,
就連自己也不見得看得懂的碎碎念為輔。
突然出現創作小説是意外。

使用語言基本上就是中文與日文,第三語言也許十年後會出現。

--

どうも。暁と言います。
出身地:台湾。
日本語まだ下手ですがよろしく(ペコ)

栽。
インク君

旬の花時計